管理人であるキシダの下らない挑戦を綴ったBlog


by tx999999999

カテゴリ:旅( 1 )

アラスカ旅行記:前書き

3月7日から10日までアラスカに旅行することになっている。思い出を記録に残しておきたいのでアラスカ旅行記を作成することにした。駄文ではありますが最後まで書き上げることを目標にしていきたいと思っている。

アラスカに行こうと思った動機は幾つかある。一番の理由はオーロラを死ぬまでに一回は見たいという野望があったからだ。また、アラスカには国立公園が多くあり、自然を愛する自分としてはぜひ行って見たい場所であった。そして何故今回この時期に行くことにしたかというと、春休みで時間があったからだ。そして、目標では今年の12月には大学を卒業して日本に帰国するので最後のチャンスでもあったからである。

行くメンバーは自分(きしだ)とジョージである。主催者は自分である。だから全部の予定を自分が決めても良かったのだが、それは自分勝手なのでジョージにいつ行っていつ帰ってくるかを決めてもらった。正直な話、自分はもっと長い間旅行していたかったが、ここはジョージの意見を尊重しておいた。

アラスカへは飛行機を利用して行く。飛行場までは誰かに頼んで送ってもらう。ダラスの飛行場に行くには車で行くしか手がないのである。そして、この飛行場まで連れて行ってくれる人を探すのはジョージの役目であった。自分は飛行機の予約やホテルの予約などする役目があったのでジョージにこの役を任せたのである。しかし、これが最初の過ちであった。ジョージは前日つまり6日の深夜まで誰にも頼んでいなかったのである(ちなみに出発は翌日の朝6時半)。そんな土壇場で未だ探してないとはいい度胸の持ち主だ。ジョージは大丈夫だと思っていたようだが案の定、大丈夫ではなかった。ジョージが頼む人たちにことごとく断られたのだ。これには非常にムカついた。そして最初から自分でやっておけばよかったと後悔した。結局、最終的には自分の友人であるスグルマンに運転していってもらうことになり、アラスカへいけないという最悪な事態は免れた。しかし、こういった二人旅で約束を守らないのは致命傷になることがあるので気を付けてもらいたい。いや、いかなる場合においても約束は守って欲しいものだ。これは明日から始まる旅に不安が残る事件であった。
[PR]
by tx999999999 | 2005-03-15 10:03 |