管理人であるキシダの下らない挑戦を綴ったBlog


by tx999999999

カテゴリ:食べ物( 3 )

b0070775_1524226.jpg今日食ったのは出前一丁のチキンフレーバーだ。公式ホームページによると「チキンスープの味はまるで春の朝のようです。爽快な気分になって単純に魅力的なラーメンです!」らしい。で、味のほうはどうかというと、春の味とは何か分からないが春の味ではなかったような気がする。日本で言うところの塩ラーメンに似た味がした。おそらく鶏がらでもはいっているのだろう。ちなみに、ホームページに書いてあったように別に爽快な気分にならなかった。そもそもラーメンなんか食って爽快な気分にはならない。で問題の味は結構美味しいと思う。野菜を入れるともっと美味しくなるであろう。あっさり味である。

評価:★★★★☆
[PR]
by tx999999999 | 2004-12-07 15:34 | 食べ物
b0070775_1591438.jpgこれは出前一丁のスパイシー・フレーバーである。公式ホームページの紹介によると「辛くてピリッとしたこのラーメンは冒険好きのあなたにぴったりです」と書いてあった。

で、食べてみた感想は。辛いながらも風味が利いていて何気に美味しかった。胡麻油がついていたのは個人的にポイントが高かった。韓国の辛いラーメンを食べなれている自分にはこの辛さは食べられなくはなかったが、辛いものが嫌いな人や刺激物に弱い人は食べないほうがいいと思う。ちなみに、汗の量は韓国の辛いラーメンを食べたときよりも出た。

評価:★★★★☆
[PR]
by tx999999999 | 2004-12-04 15:18 | 食べ物

出前一丁

出前一丁は日清食品の販売しているインスタントラーメンである。日清食品は出前一丁のほかにも、チキンラーメン、カップヌードル、ラ王、焼そばU.F.O.、スープの達人、どん兵衛、ラーメン屋さん、など色々なインスタントヌードルを販売しているのだが、今回は出前一丁の特集をしたいと思います。しかも、今回特集する出前一丁たちは日本で売っているものではなく、アメリカで売っている出前一丁についてである。

このアメリカで売っている出前一丁は香港バージョンの出前一丁である。香港版と日本版の違いは種類が数と値段である(勿論味も違う)。日本版は袋麺が90円なのにたいして香港版はアメリカで買うと約50円である。ウォルマート(アメリカのスーパーマーケット)で売っているインスタントヌードルが10円で買えるのを考えたら出前一丁は高いが、日本版と比べると安い。そして日本版は4種類で香港版は21種類も販売されている。香港の日清食品のホームページに入ってみると出前一丁の画像が目に入ってくるのを考えてみると、香港の日清食品では出前一丁が主流商品なのかもしれない。

そういうわけで明日から、近所のアジアンマーケットで手に入る出前一丁を一個ずつ食べ比べてみようと思う。というわけでヨロシクです。
[PR]
by tx999999999 | 2004-12-01 15:05 | 食べ物