管理人であるキシダの下らない挑戦を綴ったBlog


by tx999999999

アラスカ旅行記:前書き

3月7日から10日までアラスカに旅行することになっている。思い出を記録に残しておきたいのでアラスカ旅行記を作成することにした。駄文ではありますが最後まで書き上げることを目標にしていきたいと思っている。

アラスカに行こうと思った動機は幾つかある。一番の理由はオーロラを死ぬまでに一回は見たいという野望があったからだ。また、アラスカには国立公園が多くあり、自然を愛する自分としてはぜひ行って見たい場所であった。そして何故今回この時期に行くことにしたかというと、春休みで時間があったからだ。そして、目標では今年の12月には大学を卒業して日本に帰国するので最後のチャンスでもあったからである。

行くメンバーは自分(きしだ)とジョージである。主催者は自分である。だから全部の予定を自分が決めても良かったのだが、それは自分勝手なのでジョージにいつ行っていつ帰ってくるかを決めてもらった。正直な話、自分はもっと長い間旅行していたかったが、ここはジョージの意見を尊重しておいた。

アラスカへは飛行機を利用して行く。飛行場までは誰かに頼んで送ってもらう。ダラスの飛行場に行くには車で行くしか手がないのである。そして、この飛行場まで連れて行ってくれる人を探すのはジョージの役目であった。自分は飛行機の予約やホテルの予約などする役目があったのでジョージにこの役を任せたのである。しかし、これが最初の過ちであった。ジョージは前日つまり6日の深夜まで誰にも頼んでいなかったのである(ちなみに出発は翌日の朝6時半)。そんな土壇場で未だ探してないとはいい度胸の持ち主だ。ジョージは大丈夫だと思っていたようだが案の定、大丈夫ではなかった。ジョージが頼む人たちにことごとく断られたのだ。これには非常にムカついた。そして最初から自分でやっておけばよかったと後悔した。結局、最終的には自分の友人であるスグルマンに運転していってもらうことになり、アラスカへいけないという最悪な事態は免れた。しかし、こういった二人旅で約束を守らないのは致命傷になることがあるので気を付けてもらいたい。いや、いかなる場合においても約束は守って欲しいものだ。これは明日から始まる旅に不安が残る事件であった。
[PR]
# by tx999999999 | 2005-03-15 10:03 |

シダーヒル州立公園

今日はミスターサトシと一緒にCedar Hill State Parkという場所に行ってきた。自分の通う大学のDBUから7マイルほど離れた場所にこの公園はある。車で15ほど南に行った場所だ。今日ここに来た目的は、この前買った船に乗りたかったからである。船といってもヨットやカヌーではなくゴムボートである。ちなみに名前は目玉焼丸という。

この公園の入場料は一人五ドルであった。高くもまければ安くもないといった値段である。で、少し公園内をドライブした。ナビゲーターはサトシであったので少し心配だったが、彼はちゃんと地図を読むことができた。偉いぞサトシ!そして波が静かな場所を見つけたので、そこから目玉焼丸を出向させることにした。本当は釣もやろうと思ったけど、先ずは船に乗ることにした。

しかしここで問題発生。それは今日は風が強かったということである。風が強い、つまり船が風に流されたのである。目玉焼丸とサトシと自分ははどんどん岸から離れて沖のほうに流されていった。天気がよくて風も気持ちよかったので自分は結構暢気に横になっていた。でも湖の真ん中で暢気にしてる場合ではないと思ったのでオールを漕いで岸を目指した。しかし、自然の力は非常に強かった。自分がいくら漕いでも風の力にはかなわないのである。漂流である。で、どんどん流されて植物の群生地帯で停滞した。これは大ピンチだった。植物が船に絡みついたために身動きが取れなかった。でも、自分が気合で植物をオールで千切ったりしたので何とか抜け出せた。

植物地帯から脱出後はまた風に流された。そして湖の端にある小川の近くに流れ着いた。そして上陸できそうな場所を発見したのでその場所に行った。そしてサトシ隊員が上陸を試みた。しかし上陸した場所が悪かった。そこは沼だったのである。サトシ隊員の足が泥に埋もれてしまった。それにより彼はサンダルを失いズボンを泥だらけにした。。ぶっちゃけサンダルで来るのは失敗であった。だから自分はそこの場所から上陸するのをやめて別の場所から上陸した。そのときは無事に上陸できた。

着いた場所はなんだか臭かった。鳥のウンコとかそのての匂いがした。でも、そんなのを気にしてる暇はない。帰り道を探さなければならないからだ。見渡す限り道は見えない。森と沼と湖だけだ。自分達は森を進むことにした。湖に行っても風に流されるし、沼を歩くのは無理だと判断したからだ。

森に入ると面白いものを見つけた。それは、ビーバーの巣だ。ビーバーが齧って倒した木や、枝を集めて作った巣のようなものが辺りにあった。ビーバー自体を発見することはできなかったが、ダラス付近にもビーバーがいることを知り少し嬉しかった。でも、サトシ隊員はビーバーという動物を知らなかったらしく、自分が熱弁しているのを聞き流していた。ボートを持ちながら歩いていたので木にボートが引っ掛かって破けないように慎重に歩いた。ちなみにサトシ隊員は何も気にせず歩いていた。そして、森を進んでいくと、遠方に道が見えてきた。遂に遭難から脱出できそうだったのでうれしかった。

森から脱出して道に出て車の置いてある場所まで歩くことにした。道を行く車の運転手に「何でボート持ってるんだ?」とか「水辺は逆方向だぞ」とk言われながら進んでいった。坂が多くて非常に疲れたが無事に車の場所に着くことができた。よかった、よかった。

と思ったら、最悪なことに車の鍵をなくしたらしい。サトシ隊員が切れそうだったので自分は鍵を戻って探しに行った。鍵は道路の脇に落ちていた。危ないところだった。もし鍵がなかったら遭難し続けることになったことであろう。

そして少し公園の中をドライブしてから帰ることにした。公園の中には結構キャンピングカーとかが止まっていた。そしてどうやらそこに住んでいるような感じであった。レベル高い!で、ドライブ後はウォールマート行ってサトシの新しいズボンとサンダルを買った。そしてDBUに帰還した。
[PR]
# by tx999999999 | 2004-12-15 18:38 | 社会化見学
日曜日にSlayerのライブにいって来た。会場は土曜日に行ったブルーの直ぐそばにある場所であった。名前はGypsy Tea Room。面子はスグルマンとユータと自分の三人であった。Slayerの他に知らないバンド二組とKillswitch Engageという少し知っているバンドが演奏した。言いだしっぺのユータはKillswitch Engageのファンらしく、このライブに行くことになった。

最初のバンドはよく覚えてないが、二つ目のバンドは少しよかった。二つ目のバンドの演奏が終わる直前に服の臭い奴が暴れて、それに加勢したので結構疲れた。

三番目のバンドがKillswitch Engageだった。せっかくだからという事で前のほうに行った(全席立ち見だから強引に行けば行けるとこまで行ける)。前のほうは人間の圧力がすごくて苦しかった。しかもユータが頭を振りまくって汗飛沫が飛びまくって目や口に入った。しょっぱかったし痛かった。

そしてラストは大御所Slayerであった。この時は最初から暴れてる場所に巻き込まれて体力がゼロになった。そして洋服が自分と他人の汗によりビショビショになった。上半身裸の人が結構いたのでモロに汗を吸収した。で、Slayerの演奏の最後のほうになってくると自分は体力の限界が来たようで、早く終われと密かに思っていた。でも、他の客がアンコールだしまくるから。すごい長引いた。疲れマックスである。

ライブ後はIHOPで飯を食ったのだが、シャツがビショビショだったためメチャクチャ寒かった。ライブに行くときは着替えが必要だということを学んだ。

評価:★★★★★
[PR]
# by tx999999999 | 2004-12-08 17:36 | 社会化見学
土曜日にブルーに行ってきた。ダウンタウンにあるこのブルーというナイトクラブは友人のGさん曰く最高の場所らしい。マレーシアのクレメントが言うにはこの日はアジアンナイトで面白いらしいので、ケンイチとサトシとヒロオさんと自分の四人で行った。現地に着くまで色々と迷ってしまったが無事に到着した。ついた時間が7時くらいだった。どうやら早くつきすぎたらしい。8時半くらいまでは客も疎らでこれといったイベントもなかった。

アジアンナイトのはずなのにアジア人が自分達のほかには2-3人しかいなくかった。この日はどうやらHIPHOPナイト(自分が勝手に名前をつけた)だったようで、色んなヒップホップのグループがステージに上がり曲を披露していた。自分は結構こういう乗りが好きなんだけど、他の三人のテンションが低かったのでチョット微妙だった。自分は黒人達みたいにHIPHOPに合わせて踊りたかったが勇気が出なかったので未遂に終わった。

そして腹が減りすぎて10時くらいに撤収した。もう少しいてもよかったのだが、周りの人が帰りたそうだったので帰ることにした。

評価:★★☆☆☆
[PR]
# by tx999999999 | 2004-12-07 15:57 | 社会化見学
b0070775_1524226.jpg今日食ったのは出前一丁のチキンフレーバーだ。公式ホームページによると「チキンスープの味はまるで春の朝のようです。爽快な気分になって単純に魅力的なラーメンです!」らしい。で、味のほうはどうかというと、春の味とは何か分からないが春の味ではなかったような気がする。日本で言うところの塩ラーメンに似た味がした。おそらく鶏がらでもはいっているのだろう。ちなみに、ホームページに書いてあったように別に爽快な気分にならなかった。そもそもラーメンなんか食って爽快な気分にはならない。で問題の味は結構美味しいと思う。野菜を入れるともっと美味しくなるであろう。あっさり味である。

評価:★★★★☆
[PR]
# by tx999999999 | 2004-12-07 15:34 | 食べ物